青梅信用金庫カードローンの気になる詳細を調べてみた!

青梅信用金庫では「あおしんカードローン」を筆頭に全部で3種類のカードローンを提供しています。
「あおしんカードローン」は30万円・50万円・100万円と3つのコースから選択することがでいます。
30万円と50万円のコースはパート・アルバイト・主婦の方も申込むことが出来ます。
最近は信用金庫でもインターネットからの申込みが主流になりつつありますが、あおしんカードローンはFAXでしか申し込みができませんのでやや不憫に感じるかもしれません。
自宅にFAX機がないとなればわざわざコンビニなど外で申し込みしないといけませんのでちょっと面倒かもしれません。
正式契約は店舗窓口にて行いますので必要書類を忘れないよう注意しましょう。
借入に使用するローンカードは契約完了後に郵送にて届きます。
返済額は最低1万円からでちょっと高めです。
青梅信用金庫の2つ目のカードローンは「カードローンきゃっする500」は高額融資にも対応したカードローンです。
融資利率は年6.0%~14.6%と銀行カードローンとほぼ同等の金利水準ですので安心して利用できます。
配偶者に安定収入があれば専業主婦の方の申込みも問題ありません。
また継続的収入が条件ですが職業や雇用形態の制限はありませんのでパート・アルバイトの申込みも可能です。
仮審査の結果は最短即日ですが即日融資には対応していませんので、急いでいいる場合は早めに申し込みを済ませておくと良いでしょう。
返済額は月々5000円からと少額返済ですので無理なく返済できるのもきゃっする500の特徴の1つです。
青梅信用金庫では満60歳以上69歳以下の方を対象としたカードローン「あおしんシルバーきゃっする」の取扱いもあります。
年金を受給していることが利用条件で借入限度額は最高50万円となります。
融資利率は年14.6%と銀行並みですので安心して借り入れできます。詳細はココ

とび職人でもキャッシングできる?

鳶職人でもキャッシングできるのか不安に思う方も多いのではないでしょうか?
カードローンでお金を借りるには審査に通らなければいけませんが鳶職人でもきちんと條件をクリアしていれば審査通過の可能性は十分にあります。
カードローンの審査では申し込み者に十分な返済能力があるかを見極めます。
毎月収入が安定的にあることはかなり重要となります。
また勤続年数がながければそれだけ仕事が安定していて辞める可能性も低いので審査で有利となります。
目安としては1年以上一つの職場で働いていることです。
1年未満ですと審査落ちの可能性が高いので申込時には気をつけましょう。
ローンやクレジットカードを利用中の方は支払いが期日通りにできるいるのか気をつけましょう。
カードローンの審査では他社の利用状況も加味しますので、返済が遅れていたり収入に見合わない借入れをしていると分かれば即座に審査落ちとなります。
銀行と消費者金融どちらで借りればよいのかわからないという人も多いですが、低金利で借りたいのであれば銀行カードローン、即日で借りたいのなら大手消費者金融が良いです。
どちらもメリット・デメリットがありますので、自分の状況にあうほうに申し込みしましょう。詳しくはコチラ

北洋銀行カードローンの特徴とは?

「スーパーアルカ」は資金量預金量共に道内最大の地方銀行である北洋銀行が提供するカードローンです。
北海道民なら誰もが知っている知名度の高い地方銀行です。
北洋銀行カードローンスーパーアルカは銀行カードローンならではの低金利です。
年2.975%~14.7%と他の大手銀行に比べてもお取りませんし、上限金利が18%である消費者金融に比べれば断然安いです。
スーパーアルカの融資限度額は10万円から最大で1000万円とかなり高いです。
しかも総量規制の対象外ですからまとまった資金を借りたいという方に最適なカードローンです。
北洋銀行カードローンは地方銀行ながらも即日融資に対応しています。
条件としては北洋銀行の口座を持っている方限定となりますが、申し込んだその日にお金を借りれるのはかなり便利ですよね。
総量規制の導入に伴い専業主婦がカードローンを利用するのが難しくなり消費者金融では先ず借りれません。
しかし配偶者に安定収入がある場合は北洋銀行カードローンスーパーアルカに申し込みが可能です。
少額借入になりますがちょっとしたお金が必要という場合には十分過ぎる金額を借りることが出来ますよ。
カードローンで借り入れする再気になるのが利用手数料です。
多くのカードローンは200円前後の手数料がかかりますが、北洋銀行カードローンスーパーアルカなら北洋銀行のATMだけでなく提携のコンビニATMでも手数料はかかりません。
申込みに必要な書類は本人確認しょるのみでOK。
申込金額が300万円を超える場合にのみ収入証明書が必要となります。
申込みはインターネット・携帯電話・FAX・郵送から可能です。
来店することなく申し込めるので手間がかかりません。詳しくはコチラ